白髪染め使用時の注意点

白髪染め使用時の注意点

白髪染めを使って髪の毛を染めるのは中年以降の人だけではなく、現在は色々な理由で若い頃から白髪が出来たという人も白髪染めを使っています。

 

市販で購入できる白髪染めも、一昔前と比べて主流が増え、値段もお手頃になったので使いやすく購入しやすいとは思いますが、色はシンプルな物が多いので、毛染めをしていて特殊な髪の色の人には不向きかも知れません。

 

白髪染めで染める最大のメリットは、安く済む、という事で、デメリットは出来上がりは人それぞれで髪に良い物とはいえないという事です。

 

白髪染め 期間 http://www.calgarycfasociety.com/

 

最近は髪の毛に優しい白髪染めも販売していますが、美容院などで行う白髪染め液と比べるとまだ刺激が強く、トリートメントなどをしてケアしなければ髪の毛がパサパサになってしまいます。

 

トリートメント機能付きの白髪染めもありますので、髪の毛が痛みやすい人はそういったものを利用したほうが良いかと思いますが、白髪染めを使うときは汚れないように新聞などを敷いたり、ある程度広さがあるところで行いましょう。

 

白髪染めの液は落ちやすいとは言えず、普通にこすっただけでは汚れが完全に落ちない事もありますので、汚さないように気をつけ、汚れた場合は除光液などを使って落とし気持ちよく使えるようにしてください。

楽しんで始める白髪染め

 

白髪の発生は個人差が大きですが、白髪の多い人も少ない人も深刻な髪の悩みであることに間違いありません。

 

一旦出始めると無くなることはなく、一生の付き合いが始まります。

 

白髪染めをしても平均1か月程度でカラーリングが取れてしまいます。

 

 

 

でも頻繁に染めるのは髪の毛を痛めてしまいますし、色もどんどん抜けて行って、黒いところは赤く、白いところは白くと余計に老けた感じになってしまいます。

 

リタッチは少し我慢して、じっくり自分の肌の色やメイクの感じにあったカラーを探すことから始めた方が良いと思います。

 

ヘアースタイルによっても選ぶ髪色は変わってきますので、今の自分の雰囲気をよく考えてカラー選びをしていくと良いです。

 

何が何でも白髪を隠そうとして真っ黒にしてしまうと不自然ですし、カラーが取れてきた時が悲惨です。

 

カラーが取れてもさほど気にならないようなカラー選びをして、白髪と上手く調和していけるように、また白髪を逆手にとって全体にソフトな印象になる色を選ぶことをお勧めします。

 

 

 

急に髪色を変えるのではなく少しずつすこしずつ変化させていき、赤くなりすぎたら次はトーンを落とした色にし、黒くなりすぎたら少しトーンを上げていくという地道なやり方で変化を楽しむと、白髪も悪くないなと思えるようになります。

 

40代になると誰もが避けて通れない道なので、上手く付き合っていくことを考えましょう。

 

卑屈になることも、年老いたと嘆くことも全く必要ないのです。

20代からの白髪染め

 

20代後半の男性会社員です。

 

私は家系的な問題もあり、結構早くから白髪が目立つようになっていました。

 

それまでまさか自分がこんなに早く白髪で悩むことなんて考えもしなかったので、いちいち髪の色をチェックするということもなかったのですが、友人と久々に再会したときに指摘されて以降、自分の髪色に敏感になってしまいました。

 

 

 

初めて白髪染めを使ったのは25歳のときだったかと思います。

 

最初は美容院で白髪染めをしてもらっていたのですが、私が美容院に行く頻度は3週間に一回で、そのたびに白髪を染めることになってくるので、毎回の出費がかさむため、それ以降は薬局などで白髪染めを購入して自宅でやるようになりました。

 

しかしながら、やはり自分でやる白髪染めは難しいこともあり、耳裏や額の一部が真っ黒に染まってしまうということもしばしば。

 

気にすれば気にするだけ白髪も増えてくることもあり、またそれも悩みの種となってくるのですが、毎月毛染めを使っていれば染めるスキルも向上してくるので、きれいに染めることが出来るようになってきました。

 

今後の悩みといえば、今は一人暮らしで気兼ねなく白髪染めができるのですが、結婚や同棲をしたときに、相手にばれないようにするのか、それともどのタイミングでカミングアウトするのかということです。